補償コンサルタントとは

 みなさんが使用する道路や公園、上水道・下水道などは、国や地方公共団体が施行する公共事業によって整備されています。
 この公共事業を行う際、場合によってはそこで事業の支障となる建物などを移転する必要などが生じますが、この建物の所有者や使用者は正当な補償を受ける権利が憲法で保障されています。
 このような正当な補償を行うために幅広い知識と専門的な技術により公共事業の事業者をサポートしてくのが補償コンサルタントなのです。

▲このページのトップに戻る